夏の乾燥対策2

| トラックバック(0)

季節によって使い分けている。

この3点が主に洗顔料を選ぶ基準ではないかと思います。
ここで気を付けなければいけないのは、しっとりタイプを選ぶ時!
うるおい感を出すために30%の油分を含ませているのが、しっとりタイプの洗顔料。(ほとんどの場合で)
そのため使用感はしっとりしていて、突っ張り感はないのですが、逆に顔を洗い流す時間が長くなりがちに・・・ そして、洗い流す必要のない天然保湿成分であるセラミドを一緒に流してしまうということがあります。
また、しっとり感=ぬるぬる感を取り去るために、お肌をこすりすぎて傷をつけてしまうということも。
油分が残り過ぎている肌には、化粧水も浸透しにくくなってしまう。
というようなことがあります。

この3点に気をつけて、年齢や季節だけで洗顔料を選ばないようにしましょう!
サンプル製品などを使ってみて、自分に合った洗顔を探すことをおススメします。

美容室gokan表参道は実力派スタイリストがそろっています

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ysato002が2014年7月30日 02:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カーテンは名古屋だからっていいとは限らない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31